FC2ブログ

Snow Leopard 10.6.5のexFATは不安定だからAtermWR8700Nを使ってWindowsとNAS共有

Snow Leopard 10.6.5にアップデートするとexFATが利用できると先日の「Mac/OSx86 Snow Leopard 10.6.4 を 10.6.5 にアップデートする方法」で紹介しましたが、色々使ってみると私のところのOSx86でexFATは少々不安定でした。

Mac/OSx86の再起動やシャットダウン後にexFATの外付けHDDだけがアクティブ状態で固まります。毎回アクティブ状態のHDDの電源を切るのは面倒ですし危険でした。

exFATはあきらめ NAS化してWindowsとMacで共有したいと思います。

ついでにNASには「.DS_Store」ファイルを作らないように設定します。


■AtermWR8700Nの設定

AtermWR8700Nに接続するHDDをFAT32でフォーマットし、USBポートへHDDを繋ぎます。


AtermWR8700NのWEB管理画面を開きUSB-HDDのアクセス設定を行います。

ルータ モードの場合:http://192.168.0.1/

ブリッジモードの場合:http://192.168.0.211/



■Finderの設定

FinderからNASを検索

Finderメニューから[移動]-[サーバへ接続]で表示するか、[Windows]+[K]キーで表示されます。


サーバアドレスに「smb://aterm-xxxxxx」と入力し、接続ボタンをクリックすると接続されます。

※smb://aterm-xxxxxx はAterm8700NのNASアドレスです。適宜読み替えてください。

パスワード設定している場合は、IDとパスワードを求められますが一度設定すると次回以降は省略されます。


NASへ接続されると Finderに共有が表示されます。


これでWindowsとMac両方から共有できるHDDが出来ました。


このままでも良いのですが、Macから共有HDDへアクセスすると「.DS_Store」ファイルが作成されてしまいます。Windowsからは不要なのでネットワークドライブ(NAS)の場合に作成しないように設定したいと思います。


NAS接続時にハマった事

最初はNASがFinderから検索されずに困りました。

サーバアドレスに「aterm-xxxxxx」と入力してもNASが検索されないですし、「ブラウズ」ボタンをクリックしてもNASが検出されません。


原因はサーバアドレスにNAS名だけ入力すると「afp://aterm-xxxxxx」となりAppleファイルサービスを検索するそうです。「smb://aterm-xxxxxx」とすることで解決しました。



■ネットワークドライブで.DS_Storeファイルを作成しない設定

OnyXをダウンロードして実行


Onyx
 http://www.titanium.free.fr/download.php


[各種設定]の中にある「ネットワークボリューム .DS_Storeファイルを作成しない」にチェックを入れ再起動するとネットワークドライブで.DS_Storeファイルが作成されなくなります。



■使用感

exFATよりNASの方が安定しています。しかも、Windowsからは不要なファイル「.DS_Store」が作成されないのも嬉しいです。

AtermWR8700NならDLNAサーバ機能もあり、今まで食わず嫌いだったかも。


■参考

http://loan3000.blog71.fc2.com/blog-entry-8.html






FC2ノウハウ

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめです!